「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。   …

【太刀掛秀子】 花ぶらんこゆれて… 【りぼん】

1愛蔵版名無しさん2012-07-02 17:06:19

太刀掛秀子の『花ぶらんこゆれて…』について語るスレです。

1978年〜1980年、りぼん誌上で連載されました。

作品は現在、集英社文庫(全2冊)で手に入ります。

このスレは少女漫画板の

「田渕由美子,陸奥A子,太刀掛秀子=おとめちっくスレ=」から派生しました。

太刀掛秀子のおとめちっく作品を語りたい方はそちらへもどうぞ。

2愛蔵版名無しさん2012-07-02 17:35:59

>>1乙

昔りぼんで読みました

懐かしいです

5愛蔵版名無しさん2012-07-03 21:30:12

家族ものをやりたかったんだろうけど

りぼんでは重すぎた

11愛蔵版名無しさん2012-07-05 10:07:20

>>5

今思えば「花ぶらんこ」で昼メロ風マンガに目覚めたのかもしれない。

一条ゆかりとかもかなり昼メロだったけど(実際何本も昼メロになってるね)

「花ぶらんこ」で初めてこういうドラマに夢中になったというか。

20愛蔵版名無しさん2012-07-09 21:32:49

でも、るりの気持ちはもう切れているだろうから今更な気もした…

21愛蔵版名無しさん2012-07-10 00:28:40

いやー切れてはいないけど

返品されても梢に邪魔されるし

って惣一郎が通販の商品みたいだな。

59愛蔵版名無しさん2012-10-04 23:37:16

寝言に前妻の名前なんぞ呼ぶような男は嫌だよ。

新しい子供が出来ても最初の子供が

孤立化することだけ懸念してるし。

これでよく再婚してよかったといえるな。

61愛蔵版名無しさん2012-10-05 18:25:25

>>59

いやいやw

寝言はカンベンしてやれよ、どうしようもないじゃん

65愛蔵版名無しさん2012-10-06 11:55:15

>>61

寝言という無意識の中の事だからこそ、

本当に前妻をまだ愛してるんだというのを思い知らされて辛いってのもあるだろうけどね。

しかし、死別なら同情も出来るけど、そんなに前妻を愛してたのなら、

逃げられるまでほっとかずにもっと大事にしとけば良かったのにと思うけど、

そういう突っ込み以前の問題な位、しょーもない父親だったって事なのだろうな。

118愛蔵版名無しさん2013-12-14 21:27:50

密度が凄まじいw

全4巻てのが信じられない

136愛蔵版名無しさん2014-04-29 22:56:59

>>118

他スレでタイトルみかけて懐かしくなりまとめスレであらすじ読んで、あれ?全10巻くらいだったか?と思ってしまいました

138愛蔵版名無しさん2014-05-11 02:02:18

この漫画を詠むとお菓子作りや

手編みのセーター作りに励みたくなる。

お菓子は何とかなるけど

編み物はだめか…

143愛蔵版名無しさん2015-01-21 17:37:47

絶望先生見ると

このマンガも「古い洋館は最後に炎上」というセオリーを

きちんと果たしてたんだなあと

153愛蔵版名無しさん2015-06-20 17:46:21

>>136>>143-144

漫画に出てくる洋館炎上のシーンは

映画になったデュ・モーリアの「レベッカ」が元ネタになったんじゃないか?

と思う。

148愛蔵版名無しさん2015-04-25 20:24:26

るりが唯をひっぱたくところなんか昭和のマンガだなと思う

150愛蔵版名無しさん2015-06-03 14:31:24

子供の頃は杏ちゃんがるりにブチ切れるシーン見て

杏ちゃん酷いと思ったけど、今見るとブチ切れるのも

ごもっともだった。

151愛蔵版名無しさん2015-06-04 22:16:21

>>150

知らない人が見たら、兄貴にべったりとしか思えないからね。

るりは杏ちゃんにも虐待のこと相談出来なかったんだな。

195愛蔵版名無しさん2015-08-08 04:01:25

個人的にはこの頃りぼんに居た千明初美さんがけっこう好きだった

アイピー派ほどファッション性はないが…

196愛蔵版名無しさん2015-08-08 04:04:44

変な事書いて申し訳ないが、佐藤真樹さんの脱OL少女マンガ家のマンガは今も印象深いですな

懐かしい…

204愛蔵版名無しさん2015-08-09 02:42:30

エニシダで思い出した。多分太刀掛作品の影響だろう。

身内の入院見舞いにエニシダの鉢を持っていったら、

病院に根付くからという理由で持ち帰りさせられる羽目に・・・・

家の庭に植えたらうまく根付いて、毎年花を咲かせた記憶が・・・・

なかなか力強い植物だったな。

205愛蔵版名無しさん2015-08-09 06:40:33

>>204

それちょっと常識なさすぎw

お見舞いに鉢植えは根付く=寝付くを想起させるからNGって

それこそりぼん付録のマナーブックで知ったけどな

たしか麻久里しずの挿絵だった

207愛蔵版名無しさん2015-08-09 07:59:54

>>205

少女誌の企画立案編集が男ばかりと知ったのは、吉田秋生のレポートによる

吉田さんが初めて編集部へ持ち込み原稿した時のカルチャーショック!?

217愛蔵版名無しさん2015-08-11 21:32:42

>>213

今でも好きな子はするだろうけど

確かに「女の子らしい女の子」のテンプレ的趣味設定ではあったよね

アップルパイ焼かせたりねw

218愛蔵版名無しさん2015-08-12 00:47:24

美樹とアップルパイ

225愛蔵版名無しさん2015-08-13 10:33:15

>>195

たしかコミックス3冊しか出してないんだよね

編集部に遊びに行ったらこの人の複製原稿もらったよ

かじか沢物語は文庫サイズふろくだったがコミックス化されなかった?

「ちひろのお城」という作品、当時はよくわからなかったけど、自閉症か

発達障害の子が主人公なのか?母親があちこち医者に相談したくだりがある

凸たんの作品でも母親が糖質か何かで入院中という話があったな

>>196

マンガスクールのページで、なかなかデビューできなくて「早くデビューして

今の仕事やめたい!」と泣いてるカットが載っていたのを思い出した

>>218

西城秀樹やF5のふりつけコーナーがあった

それはいいんだが、やたらヒロインの彼氏が下半身露出シーンがあったような…

コンビニで売ってるりぼん70周年商品(中に人気漫画のコミックスの形をした

ミニキーホルダー)70年代版も出ないかな 花ぶらやマジョリカのがほしい

226愛蔵版名無しさん2015-08-13 12:42:47

>>225

>>1の日本語読めないのか?

スレチなんだよバカ!

読解力の無い更年期ババアはゴミだな、ゴミ

あー臭い、臭い 臭い

232愛蔵版名無しさん2015-08-18 02:24:09

当時のカラー画を見たいから

銀曜日みたいに完全版出さないかなあ。

233愛蔵版名無しさん2015-08-18 05:22:58

>>232

え!!完全版ってカラーページもちゃんと復刻てこと?

それはいいなあ

カラーページって単行本になるとぼやけていまいちになるもんね

234愛蔵版名無しさん2015-08-19 01:10:17

>>233

銀曜日はカラーも全部復刻してて

作者さんの書き下ろしもありまっせ!

30年待った甲斐があった…

書き下ろしは無理でも

カラーは見たいなー

235愛蔵版名無しさん2015-08-19 01:42:41

なにそれ

うちに、連載開始第一回目のりぼんあるが

ソニアがるりを捨てて涙ながらに出ていくカラーのページ

これが復刻みたいになるってことか

236愛蔵版名無しさん2015-08-20 20:50:23

>>235の物持ちの良さに脱帽

241愛蔵版名無しさん2015-11-30 22:18:14

これ読んでないんだけど

「秋への小径」の母親とどっちがクズですか?

…ってスレ読む限りじゃ聞くまでもないかw

242愛蔵版名無しさん2016-01-17 00:45:00

>>241

梢は同情出来るけど秋への母は

アカンやろ

再婚相手が元妻に未練ありで

産んだ子供が心臓病って無理ゲー