「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。   …

【無施肥】菜園【無農薬】3

1花咲か名無しさん

1 名前: 花咲か名無しさん 投稿日: 2009/12/09(水) 13:45:43 ID:CmHCpSwF

無肥料無農薬栽培実践者の集う場所です。

基本このスレの定義は、スレタイのとおり。

ただし圃場内の雑草やマルチの為の籾殻、敷き藁などは肥料として見ない。

特定農薬(特定防除資材)・防虫動物資材・ビニールマルチはありな方向で!

自家栽培した唐辛子やニンニクなどでの防虫病はありな方向で!

木酢液やEM菌など安全性が確認されていない物は使わない。

お勧めの成功した品種やタネ、また種苗店を語ろう。

又、失敗した品種やタネも大いに語ろう。

カルト的な物は持ち込むな!

定義の定かでない特定の農法の話も持ち込むな!

肥毒の話も持ち込むな!

プロ、初心者は問いませんが、園芸板ですので上から目線は止めましょう。

有施肥農薬の野菜作りしてる人との対立する場所ではありません。

駄コテは使用禁止。

アンチ、荒らしも禁止!触るのも禁止。あぼーん&スルー汁。

169花咲か名無しさん2014-10-30 16:49:35

>>168

>>1

>ただし圃場内の雑草やマルチの為の籾殻、敷き藁などは肥料として見ない。

カルトな基地外を排除し、科学的な見地から検証すれば

収穫物+αを補完する物質が流入する方法でなければ、無肥料栽培が成りたたなくて当たり前

>>163は家庭菜園レベルでその釣り合いが取れてる例だからアリ

12花咲か名無しさん

虫に聞けスレだねこりゃ。

14花咲か名無しさん

いきなり酷い有様だなw

嫌なスレならほっときゃいいのに

15花咲か名無しさん

>>14

荒らさないでください。

16花咲か名無しさん

>>14

昔から無農薬とか自然農法とか、そうーいうワードがあると住み着いて荒らす変質者だよ

もうずーと長いことやってるもん

もんのすごい変なエネルギーを感じるよw

18花咲か名無しさん

>>16

もうずーっと自演失敗を笑われてきたんだw

虫に聞けとか、hitmanとかが、無農薬・自然農法、そうーいうスレで

異常なまでに自演を繰り返してきた事実を無視して

そんなレッテル貼りに逃げるしかないんだねw

20花咲か名無しさん

>>18

よーわからんけど、自演だとする根拠が希薄するぎる

そもそも無農薬や自然農法に興味ある人間が一人だとするほうが無理あるとは思わないの?

24花咲か名無しさん

>>20

興味のある人が一人だなんて、一言も書かれてないのでは?

無農薬や自然農法マンセーの人に、日常的に自演を繰り返してる人が居ると

自演の証拠が貼られてるだけで。

あなたのそのレッテル貼りにこそ無理がありますよ。

32花咲か名無しさん

>>24

自演してるって主張なら基本1人って主張じゃねーの?

違うならどういうことか説明してくれ

117花咲か名無しさん2014-07-14 23:46:58

農薬を扱う人は

農薬は麻薬や覚せい剤などの既知の薬品で安全量と医師の処方があるんだから適正範囲で使えるから安全と言い張り

自然農薬(農薬登録されていない食品や植物等を材料とするものなど)を脱法ハーブであるかのように危険物のように言う

でも、食品として安全なものはある程度安全が確認されているはずなんだけどね

119花咲か名無しさん2014-07-15 10:43:50

>>117

滅茶苦茶なレッテル貼りだね。

日本語もおかしいし、何かの病気ですか?

122花咲か名無しさん2014-07-15 18:09:05

>>117

>食品として安全なものはある程度安全が確認されているはずなんだけどね

まあ安全な物質を、安全が確認された使い方すればいいけどね

例えば唐辛子のカプサイシン

これは昆虫よりも哺乳類に害が大きい物質なので

人間よりカプサイシン感受性の高い鹿や猪の忌避剤としては有効だが

感受性の低い昆虫の忌避剤としては全く使えないのに

ストチュウを昆虫忌避剤に使っている

もし昆虫に忌避効果が出る量撒いたら、人体にはさらに有害なんだが

126花咲か名無しさん2014-07-16 11:57:15

>>122

ストチュウはマジで全く効果無いな

撒いたその日にウリハムシがキュウリの葉に来るレベル

話は変わるが

俺はニームオイルを吹きつけた防虫網でプランターを囲って

無農薬で枝豆作ってるが

縁あって産地(岐阜市)で無農薬で枝豆作ってる農家の話を聞いたら

「ごく普通の白カンレイシャで囲うだけで問題なく出来るよ」と言われた

なんかニームオイル使った事が負けに思えたorz

143花咲か名無しさん2014-07-22 23:39:55

>>122

以前同じようなこと言ってトウガラシ農薬が危険だ危険だと騒いでたやつが

トウガラシ農薬の作り方教わってみたら

カプサイシンの濃度が大したことなさそうだとわかって

晒し者みたいになってたぞ

149花咲か名無しさん2014-07-24 08:48:28

>>122

>昆虫に忌避効果が出る量撒いたら、人体にはさらに有害なんだが

どのくらいの量撒いたら人体に有害なことになるの?

それがわからないと注意しても意味がないと思う

何か参考になる情報ないの?

129花咲か名無しさん2014-07-18 20:01:55

>>126

ニームは効くぞ

イモムシ類、アブラムシ、ウリハムシ、カメムシ類など

ちゃんと有効成分の濃度が高い製品を使えば(←ここは重要)、かなり害虫が激減する

ただし、虫が食うことで、消化機能や生殖機能を衰えさせ、やがて死滅するという

農薬や忌避材とは違うものだから、ネットに吹き付けても何の意味もないw

それと

純粋な草食昆虫にしか効かないので、雑食のナメクジやダンゴムシには全く効かない

もちろんだが、肉食系の益虫にも何の影響もない

白寒冷よりも、防虫ネットの方が採光がいいのでベストだと思うけど

俺は、白菜やメロンの初期は、ネットで完全防弾するので無農薬が簡単にできてる

(大きくなってしまえば、ネットを外しても目立った虫害にならない)

防虫ネットとニーム以外の、いわゆる無農薬ご用達の自然農薬系については

ストチュウを始め、ほぼ全てのものが、効いた試しがない

わずかに忌避効果がある程度で、大方は気休めw 無駄無駄って思うマジに

そんな事より、雑草でも生やして益虫や微生物バランスを見方につけた方が、よっぽど効果がある

134花咲か名無しさん2014-07-19 20:42:09

>>129-130

ノーガキより菜園写真をアップしてくれ。

話はそれからだ。

136花咲か名無しさん2014-07-20 07:41:23

自然農薬が科学農薬より安全ということはない

安全が欲しければきちんとした基準を持つ普通の農薬使え

それ以外の付加価値

廃物利用でのコスト削減や趣味的な満足感などを目的とする場合に

自然?農薬を使え

146花咲か名無しさん2014-07-23 17:56:58

>>143

どこで?

150花咲か名無しさん2014-07-24 10:04:50

>>146

彼の脳内で。

175花咲か名無しさん2014-10-31 18:28:02

>>169

それのどこが科学的な見地なんですか?

自然農法カルトの、むしけら君がトンズラした時に作ったテンプレを

金科玉条のように掲げ、不都合な指摘の予防線にしてるだけじゃん。

179花咲か名無しさん2014-10-31 23:26:04

最適ではないけど、

化学肥料無施肥 化学農薬不使用と書いたほうが荒らしが減っていいかもしれない

183花咲か名無しさん2014-11-02 07:12:00

北海道の伊藤さんという自然栽培の人のやり方を調べてみたら

やり方なんてどこにも語ってなくて「野菜さんの気持ち土壌の気持ちを考える」

「野菜は気持ちで作る」「雑草さんからのメッセージ」とか

栽培の参考になりそうな物は何一つ書かれていなくてちょっと引いた。

ノウハウを他人に教える気がないのか

ただの池沼なのか…

184花咲か名無しさん2014-11-02 08:42:37

>>183

やり方を調べてみたんじゃなくて、

言いたいことを書きとめたものを読んだだけでは?

183は調べ物をするとき、どんな方法で調べるの?

187花咲か名無しさん2014-11-02 14:23:58

>>184

普通に 自然栽培 北海道 とかで調べたよ。

なんでこっちの調べ方がおかしいみたいな話になるのかわからないけど。

その人に関しては何を調べてもどういう方法で無施肥無農薬にしてるのかなんて書いてなかったし

なのにどうしてか絶賛されててキチガイっぽいなと思った。

多肥を必要とするトウモロコシでも無施肥でできた!と言っているけどどうやって無施肥でできたのか謎。

山の土地を購入して2年ほど無肥料無農薬でやってみたけど

大根は辛すぎる(香気ある甘い品種)し病害虫も発生する。

自然の草木には病気はないと言うけど、自然の草木にもアブラムシがついたり病気になってたりはよく見かけるよね。

栽培種である野菜を作る以上、ある程度の腐葉土、堆肥は必要なんじゃないかと思う。

201花咲か名無しさん2014-11-05 23:18:02

>>187

調べても栽培の参考になりそうな物はなかったということは独自の栽培法を考え出したってこと?

2年で結果でるはずの栽培法なの?

買った土地は営農のための土地?

いままで参考になるような講習とか学校に行って学んだりはしなかったの?

畑は検証に2年もかけたのに、望みの人とは連絡とってみたりしてないの?

207花咲か名無しさん2014-11-08 01:04:09

>>187

甘いはずの大根が辛いなんてのはありがちな失敗例なんで

施肥量とか農薬使用とか慣行農法とかでも関係ないけどな

要は、それすらわからないほどの初心者ということか

196花咲か名無しさん2014-11-03 23:49:16

例えば土手や耕作放棄地に生えてるクズは完全無施肥でも栽培できる

これは有限な土壌成分ではなく無限に近い空気(及び光合成)で養分を補っているからである

198花咲か名無しさん2014-11-04 07:20:54

>>196

である調w

アホな事をエラそうに書き込む所は

トンズラこいた、虫ケラ君を思い出すわぁw

で、おまえはクズを収穫してるのか?

おまえの周囲の大気には、リンやカリウムが含まれてるの?

都合が悪くなると、雑草と作物を一緒くたにして

教義が成り立つ根拠にしようとするねw

199花咲か名無しさん2014-11-04 13:40:45

>>198

クズを栽培してる農家はあるよ

ただし中国で、だけど

化学肥料で育ててるから、植え付けから5年もすると葛粉が取れる

日本では、クズは山で育てないと葛粉の香りが落ちるといって

雑木の整理以外は放置栽培してるので

発芽から四半世紀〜半世紀放置してようやく掘り出すことが出来る

210花咲か名無しさん2014-11-08 21:59:45

花卉農家だけど適度に肥料を与えればずっといいものが安定して作れるのに

何で土の状態も把握できていないのにそんな茨の道を行くのか

無施肥で育てての収穫とは土地から力を奪っていくことに他ならないのに

実家の近くにもそういう女の子たちが何か無施肥で作物作ってるらしいけど

周囲の農家に作物分けてもらってようやくと聞く

無農薬はまあ最終的にきちんとした製品が出せれば好きにすればいいと思うけど

継続して栽培するなら地力は大事にしようよ

212花咲か名無しさん2014-11-08 23:29:07

>>210

地力を大事にする場合は何を入れるの?

213花咲か名無しさん2014-11-10 08:17:45

>>212

江戸時代の昔から、地力を蓄えさせるためには

腐葉土か堆肥を毎年鋤きこむのが一番といわれてるわけで

江戸時代後半には薪炭用に用いられてたクヌギやシイの里山林も

元をただせば葉を腐葉土の材料とするために、意図的に植林された物だったし

238花咲か名無しさん2014-12-21 15:17:11

日本から「赤とんぼ」がいなくなる。背景に新農薬の使用 – Infoseek ニュース

<以下要約>

2000年前後を境に赤とんぼが半数以上の府県で1000分の1以下に激減している

大学の教授たちは90年代に許可された新農薬がアキアカネの幼虫に影響を与えることを明らかにした

従来の農薬を使ってる福井県のある市では今も大群が見られる

240h色=数 ◆M.EMTxGGng 2014-12-26 23:34:54

>>238

浸透性の農薬じゃなくても、染料付きなら種子にまで浸透する簡単な実験がある。

市販スイートコーンの種を蒔く、根の色を見る、採れた乾燥種子の色を見る。

近所の畑では根まで赤く染色。家の実験場では根はほぼ白。これは細毛の量の違い。

家の実験場の採れた乾燥種子はほのかに赤い。まだまだって事。

256花咲か名無しさん2015-01-06 13:44:53

河川敷の有効利用として畑作ってるのに

どうして見捨てられた野菜が育ったくらいでクズ扱いなんだよw

257花咲か名無しさん2015-01-06 16:22:15

>>256

そういって朝鮮人かロシア人みたいに不法占拠&

耕作続けているから馬鹿にされるんだよw

275花咲か名無しさん2015-02-05 00:23:34

何が時間との戦いだよ

緑肥の使い方も知らないのか

ちゃんと品種ごとにどの時期ですき込むのか書いてあるだろ

作物を作る時は緑肥の時間を組み込んだ上で使うんだよ

詳しくわからないなら種苗店とかで相談して教えてもらえよ

276h色=数 ◆M.EMTxGGng 2015-02-07 21:40:57

>>275

緑肥の燕麦も自家採種だから品種不明ですよ。畑の燕麦は、南側のホウレン草の影響を

モロに受けているようで、アントシアニン出てるし形も開帳型。燕麦連作区の種取り用

燕麦は、立ち型で色は黄緑。買った時点より、ぶんげつも多く、茎は太いが同じタネの

筈なのに、植えた環境でこうも表現が違うとはビックリ。

種苗店の常識から外れている物を、判断出来る筈はないよ。

280花咲か名無しさん2015-02-08 16:59:10

>>276

まず買った時点の説明しろよ

いつ買った何という品種なんだ?

はじめのうちは正しい緑肥の使い方をしていたのか?

自家採種ということは、緑肥にせず殖やしているのか?

281h色=数 ◆M.EMTxGGng 2015-02-08 19:46:01

>>280

燕麦:ニューオーツ、アムリ2、播種2012(10月)〜

方向性:年中資材(2年草化=野生化)当時の妄想だった、と現在は解(ほど)いた。

多年・草化=連続採種=自然の意志だと、相互理解している最中。

2012期(秋⇒春)確認の為、多・場での混ショク放置⇒採種。比重選別。

2013期(秋⇒春)採種区。畑では通路脇での連続刈り込みの適正・実験。

2014期(現在)畑では、ホウレン草との「間」役。

根の変化:直根(野性、硬い)⇒細毛根(栽培、軟らかい)

種の密度:小さい(捨て蒔き):重い、大きい(採種区⇒畑)

捨て蒔き種(上流主)は発芽はするが、健全(種を次代に繋ぐ)に育たない。

ファイト♪(中島みゆき)

282h色=数 ◆M.EMTxGGng 2015-02-08 20:13:56

>>280

正しい緑肥の使い方?何をいっている?

>2014期(現在)畑では、ホウレン草との「間」役。

これが答え。>>280に、この表現の後(燕麦種の未来の方向性)が解るのか?

少なくとも、>年中資材(2年草化=野生化)当時の妄想だった

この脳内⇒自然が訂正、自然の意志との相互⇔理解。へ階段を上る段階の

実証(自然の意志のタイドウ)は、生き証人と共に要る。

緑肥も俺についてきた。お前如きに付いて来るか?俺より先に表現させたか?

現役か?、現役なら証拠を見せてみろよ、雑魚。

雑魚止まり⇔上流主のジジイなら、相応に書き方を正せ。

287sage2015-04-17 04:42:20

無施肥というより無化肥だけどスレがないので

ここに書き込みます。

たくさん生えている雑草を刈って作物の根本に置いておくだけで

いい肥料になるのは、無施肥でやっている人には常識だけど

自分とこはプランター。だから長年、土地がなければ

無施肥栽培はできないと思ってた。

けど、使わず放置してあるプランターには抜いても抜いても

雑草はたくさん生えるから利用してみようと考えて、

去年試しにキュウリ オクラ、サトイモ ナス ピーマン

ミニトマトなどをまったく化肥はもちろん堆肥もやらず

抜いた雑草と剪定で落とした茎葉や残渣などを根本に置くだけで育ててみたけど、

全部OKだった。

ミニトマトなどは、むしろ育ちが良かったし、多肥が必要なオクラやナスでも

順調に実をつけてたよ。

ただし使える土が限られているので最初に植え付ける培養土にはある程度

堆肥を入れた。

今年はその最初の土も、雑草で作ればいいかも、と試行してる。

295花咲か名無しさん2015-04-18 01:46:42

へー、緑肥だけで栽培する方法なんてあるんだ

世界は広いな

炭素循環農法とかも、無施肥といいつつ大量の有機物施してそこから栄養摂るみたいだし

無肥料栽培といってもいろいろだな

328花咲か名無しさん2015-04-20 06:52:48

うちの畑は石灰を撒かないけれども6.8-6.5で安定しているよ。

年中、黒マルチを多用しているからかな、不思議。

329花咲か名無しさん2015-04-20 07:00:39

日本中が酸性化してるってなんの根拠があるの?

実際に自分で計ってみて言ってるのかな?

複数の場所で畑やってるけどどっちもそんなに酸性に傾かない

むかし環境アセスメントであちこちの小渓流の酸性度も計ったことあるけど

人工林は酸性気味だけど自然林のなかの川はほとんど中性だったし

332花咲か名無しさん2015-04-20 11:39:09

>>329

日本は元々アルカリ性の火成岩からできていて風化しただけではアルカリのままだけど、それが植物とかの腐食によって

年々土壌が少しずつ厚さが増している状況だから、アルカリ性ではなく酸性になるという常識論がまずある

>>328

有機物の腐食が十分に進んで土が団粒構造になっている畑は酸性になる要素が少ないから安定しているけど

人工林とか泥炭とかやせた土地では腐食が進まないので酸性に偏ったままになる

334花咲か名無しさん2015-04-20 18:00:08

>>332

失礼ですが、火成岩の記述について、逆になっているのではないでしょうか

日本で一般的な火成岩は非アルカリ岩と呼ばれる岩石で、アルカリ岩は少量とされています

こちらは、産総研地質調査総合センターの発行する地質図と日本の地質に関する情報を発信するページです。地質図の作成・読み方・利用等について解説します。

学校等で教える場合でも、アルカリ岩、 中間的なグループ、非アルカリ岩と分けた場合、

日本の火成岩は、大部分が非アルカリ岩ということを教えていると思います

後学のために、『日本は元々アルカリ性の火成岩からできていて風化しただけではアルカリのままだけど』という情報は

どこから得たものでしょうか

336花咲か名無しさん2015-04-20 19:58:05

>>334

えっ、非アルカリ火成岩はアルカリ性じゃないと思っているのかw

335花咲か名無しさん2015-04-20 18:33:15

結局自説を延々と述べるだけで日本が酸性化してるという権威ある資料は示せないのかな?

339花咲か名無しさん2015-04-20 22:34:32

>>336

俺の書き込みは、農業高校の副読本に書いてあること程度の常識なんだけどなw

もしもそれに反論があるのなら、お前が不勉強ってだけだ

340花咲か名無しさん2015-04-20 22:41:46

>>339は>>335宛ね

341花咲か名無しさん2015-04-20 23:48:24

>>340

あなたは「日本は元々アルカリ性の火成岩からできていて風化しただけではアルカリのままだ」と言った

それが常識なのだと

では、あなたの常識に問います

火成岩は流紋岩、安山岩、玄武岩、花崗岩、閃緑岩、斑レイ岩からなりますが、

その中で風化してアルカリ性を示すものはどれですか?

3563412015-04-24 05:19:45

>>340

あれだけ熱心に書いていたのに、問いかけには応答なしですか

357花咲か名無しさん2015-04-24 09:27:28

そもそも「肥料で土が酸性化」なんて昭和30年代の話を

いまだに持ち出すのはどこの老人だろう

現代の状況は「土壌改良剤」名目で過剰に投与され続けた石灰やリン酸による

土壌のpH変動が原因の日本の在来種消滅や

リン酸による水域汚染の方がよほど問題になってるのだが

358花咲か名無しさん2015-04-24 17:39:17

>>357

農業と自然は対立するものなんだという謙虚な気持ちがない奴w

361花咲か名無しさん2015-04-24 20:44:11

>>358

なぜ俺のカキコから謙虚さが無いと?

他の自然農法系のスレでもそうだが

なぜか日本本来の土は酸性だと認めなかったり

酸性土壌に耐える在来種のサトイモや短形ダイコンや一部の葉菜類

酸性土壌でむしろ品質が向上する、自然薯やブルーベリーの栽培を提案すれば罵声を浴びせ

トマトや白菜のような外来種作りに拘る変な奴がいるんだよな

自分の持ってる土地の現状で育つ品種をチョイスする事は

自然農法を成功させる大切な要素だろうに

362花咲か名無しさん2015-04-24 22:53:13

>>361

日本人の大根の消費量って戦前と比べて3分の1に減っているんだぜ

むしろ大根とかに拘るほうが変だろうw

364花咲か名無しさん2015-04-25 12:13:51

>>362

文章を読む力が無くて、自分の理解できる単語のみに反応か

在来種作物は、伝統野菜とか言いかえられて

高付加価値が期待できる有望な作物として注目されてるだろ

「現在長生きしてる人が若い頃食べてた、長寿のカギかもしれない野菜」なんて

下手すりゃ詐欺クサい煽りまでつけられてる

その野菜の「昔の味」を再現するために

わざと自然に近いやせた土地に作付けしてる状況は

自然農法に一脈通ずるやり方だろ

367花咲か名無しさん2015-04-25 13:42:55

>>364

痩せた土地で自然農法に通じるなんて原種じゃあるまいし

今でも残ってる在来種なんて、下肥や牛・馬糞を使用して栽培されてきた品種だろ

366花咲か名無しさん2015-04-25 12:40:56

2chで3行超えるような無駄に長いレスする奴はだいたい精神異常者

368花咲か名無しさん2015-04-25 16:25:09

>>367

江戸や京・大阪の周辺の野菜産地のような

まとまった量の下肥が手に入る地域はそうだったろうし

商品価値の高い綿花などは魚粉も使ってたが

それ以外の大半の農家は

自分ちの下肥と落ち葉堆肥と草木灰ぐらいしか手に入らない状態

それも主食の稲・陸稲・ひえ・粟優先で

野菜にはそれほど肥料を与えられなかった

ある種のカブなんか、原始的な焼き畑農法で作られてたものもある

371花咲か名無しさん2015-04-25 18:49:13

正直に書くとナスは無肥料でもそれなりに取れる

コーンは無肥料以前に無農薬がなかなか厳しい

無肥料でうまくいかないくて悲しい物の筆頭はタマネギ

376花咲か名無しさん2015-05-01 11:14:53

>>371

なるほど、タマネギって思い切って多肥にすればいいのか

377花咲か名無しさん2015-05-02 19:29:46

>>376

ていうか

土が酸性だと根腐れを起こしやすく、育たない野菜の代表

414花咲か名無しさん2017-02-16 11:14:31

野菜が自然に生えてくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする