釣り具の物理

1名無し三平2017-09-27 23:31:00

まずは、下記の問から考えよう。

もちろん、他の問も大歓迎。

ロックフィッシュ総合 Part.4 ©2ch.net

hhttps://medaka.2ch.net/test/read.cgi/fish/1503152670/0364

0364 名無し三平 2017/09/27 14:21:38

すごく単純な疑問なんだが、なんでスピニングはベイトより巻き上げが弱いんだろう?

同じ長さのラインを巻くのに同じ長さのハンドルを同じだけ回すなら、同じ重さに思えるのだけど。

物理的に異なる何かがあるのかな?

36名無し三平2017-09-28 22:32:39

>>1の問いはハンドル一回転当たりの巻き上げ量が同程度なら魚を掛けた時にスピニングもベイトも同じ力で寄せられるはずだが、明らかにベイトのほうが楽に寄せられると感じ、物理的な違いは何なのだろうか?との問いだと思う

なので「感覚的に重く感じるはず」な部分は排除するべきじゃないだろうか?実際ゴリまき勝負ならベイトのほうがパワーが有り楽に寄せられるのは両方使っている人は体感していると思うが

64名無し三平2017-09-30 20:05:46



ところで >>1と元スレの>>364はこのスレにちゃんと参加しているのか?

118名無し三平2017-10-02 22:21:45

>>117

エネルギー保存の法則だよ、>>1の前提条件で巻くの楽ってのは実感してるなら、ギア比もスプール径もローターの存在も関係ない、スピニングのエネルギーロスを考えないと答えは出ない

133名無し三平2017-10-03 06:44:04

ローターの大小、有り無しで、引っ張る力が変るって説、現実にはありえないが、引っ張る力が変るのなら引っ張る長さが反比例しないと物理的におかしくなる、つまりギア比を変えるのと同じことそれは>>1の前提条件を崩しているに過ぎない

138名無し三平2017-10-03 09:54:06

なんか皆着いてこないなぁ

スピニングとベイトの「比較」なので巻き上げスピードは同じなのは暗黙の了解だよね

そうした場合

ハンドルを回す力×ハンドルのノブが描く円周の長さ(ハンドル長×2×π)=ラインを引っ張る力×ラインの巻き取り長さ

が成立しないと物理として成り立たず突き詰めると永久機関が完成してしまう

私が異を唱えてるのは>>1の前提条件としてこの中の3個が同じでハンドルを回す力の差は何処から来るのか?て事なのに

皆力だけの変化を論じ損失(効率)や移動距離の変化を無視している、これは突き詰めると永久機関が完成しないと成り立たないはずなのに、皆は永久機関が有る事を前提に論じているのか?ローター原因論然り、スプール直径論然りだ

7名無し三平2017-09-27 23:43:34

389名無し三平2017/09/27(水) 21:29:45.97ID:DpgiEgmE

物理は文系だからわからん

ドラゴンボールで例えて欲しい

390名無し三平2017/09/27(水) 21:47:51.17ID:2qsci08N

>>380

うん。それはわかる。巻きアワセはベイトの専売特許かと思えるくらい。

ラインにテンションがかかったときに片持ちのスプール軸が歪むとか、ベイトにはないラインローラーの摩擦がどうなるかとかはあるかも。

同じ速度でゴリ巻きなら効率はおなじだけどポンピングするならスピニングでは重いローターの速度を連続して変えるので特に効率は落ちそう。

>>381

中学高校の物理では説明が難しいね。重さのあるラインが高速に向きを変えるときのモーメント変化が仕事になるんだろうか。

>>385

確かに同じクラスのリールだとスピニングの方が重くなるよね。だけどリールの軽さを指して「パワー」とは呼ばないよね。

>>386

オーバーヘッドリールの方がブランクにラインが接する分摩擦は増えそうだけどね。

>>388

それ。どこかに現実と解離した摩擦などのパワーロスがあって見落としてるのかな。パワーロスは基本的には熱や音として現れるから、(ベイトにはない)スピニングの熱くてうるさい部分があれば疑わしいんだが。

平行ギアと直交ギアの伝達効率に関しては、あまり差はなさそうなんだよな。

hhttp://kousyoudesignco.dip.jp/mecha6.html

平行軸のはすば歯車がベイトで、交差軸のまがりばかさ歯車がスピニングだが、効率の差は多く見積もっても98-99%に対する0.5%。

巻き上げパワーと言っているものが、伝達効率の差ではなくて別の何かを指している可能性はないのかな?

391名無し三平2017/09/27(水) 21:53:42.08ID:u/uGiq8I

>>394

あれだ、スプール径謎理論の人だわコレ



19名無し三平2017-09-28 08:17:52

スピニングのスプール動くの忘れてたわ。

あれは効率悪そうだ。

20名無し三平2017-09-28 09:49:23

ハイポイルドに近いかさ歯車の伝達損失とスプールシャフトとピニオンギア内壁の摩擦抵抗の多さだろ

メインギアは大径なほど効率は上がる、シマノならメインギアは番手が大きいほど、そして高級リールほど普及機より大径になっている

ピニオンとシャフト間もステラだけベアリングが入っているので回転方向は摩擦が減るが前後方向の摩擦は残る

ステラクラスでもベイトのようにヘリカルギヤだけの組み合わせで回転部分にベアリングが入っている構造の摩擦損失には

遠く及ばないのでベイトほどのパワーが出ない

32名無し三平2017-09-28 21:01:22

私は思う、巻き上げパワーにリール重量は関係ない、リールフットに鉛オモリをまいて重さを増やすと巻上げが軽くなったり重くなったりするのだろうか?

33名無し三平2017-09-28 22:05:29

>>32

リールフットじゃなくてローターやスプールに付けると多少変わるんでわ?

普通に巻き取れるような釣り(慣性によって回りだしたら軽く感じる)ではなくてでかい魚(20kgクラスのヒラマサとか、30kgクラスのクエとか)掛けた時の様に巻くことが難しいシチュエーションとか。

34名無し三平2017-09-28 22:20:31

>>33

回転するローターや前後運動するスプールの慣性質量が増えるのはそれが動き始める時に加える力が増えるだけなので

巻き上げパワーの変化と考えるにはベイトとスピニングの差に成るほどの影響は有るのだろうか?

たとえばシマノのコアソリッドシリーズととクイックレスポンスシリーズでクイックの方が巻き上げパワーが有るとの解説などを聞いたことが無い

37名無し三平2017-09-28 22:36:31

>>34

だから先ず回すことが難しいシチュエーションを取り上げたのよ。

ハンドルが微動だにしないようなシチュエーションだと若干だとしても差があるような気がしてさ。

極限状況だとそもそも回し始めるのがまず大変でしょ?

やっと回りだしても走られてハンドル止まるとか。

回し続けられる状況なら回し始めの重さは無視できるのは理解してるつもり。

意味のない仮定だけど仮にロータの重量が数10キロ位あったら動き始めの巻き上げ力は小さいと言えるのではと思ったんだ。

少しでも回り始めたら慣性で軽く感じるだろうけど。

馬鹿だから分かりやすい様に解説頼む。

42名無し三平2017-09-29 00:08:53

>>36

いや、例えばベイトのハンドルの回転軸はほぼロッドと重なるけどスピニングは軸がかなり離れるから当然力が入りづらい、とかいう説明があるならそれはそれであっても面白いとは思う。

物理的に説明するのは難しそうだけど。

41名無し三平2017-09-29 00:00:52

>>37

面白いね。ベイトでゴリ巻きなシチュでもスピニングだとポンピングで巻いたり止めたりするから、ローターの重さはその回数に応じて効いてきそう。

伝達効率が同じでもパワーに差がある説明の一つになりそう。

45名無し三平2017-09-29 00:36:11

>>42

物理的に説明か・・・こんな考え方すれば計算も不可能じゃないかも

ロットからハンドルが離れ回しにくい場合当然リールボディーは揺れているはず

そのハンドルを回すときのゆれ幅と慣性重量等を測定し計算すれば間違いなくロス分のエネルギーが計算できると思う

ただしそちらの専攻した方が現れないと・・・私にはそこまでの計算は無理

47名無し三平2017-09-29 01:07:46

>>45

そうすると、

リールを手に持たず、どこかに固定し、回転動作の際に振動しないようにする。

公平のため、ハンドルはベイトとスピニングで共通の物を使用する。そして、同じ力とフォームで巻く。

このとき、両者で巻き上げ力に差は無いことになるが、

果たしてそうだろうか。

もちろん、実際の使用のシチュエーションでは、

ベイトのほうが振動せず、エネルギーをロスせずに巻ける実感はある。

そういう意味では、要因の一つかな。

50名無し三平2017-09-29 01:32:47

>>47

これはギア類の構造的なパワーロスの差が無くロッドからのハンドルの距離だけの違いと仮定した場合の考察であり実際とは異なって当たり前かと

58名無し三平2017-09-30 00:26:33

スプールが仕事をするわけじゃないが、ローターの回転半径が大きくなるとモーメントが大きくなり巻き始めが重くなりそうだ。

60名無し三平2017-09-30 14:22:32

>>58

軽いスプールを回転させる。重く回転中心から距離のあるローターを回す。

それだけでも必要な力の差は大きい。

59名無し三平2017-09-30 13:50:19

スピニングのハンドル形状は強い負荷がかかったときは、ぶれずにハンドルの回転力だけを上げにくい

ベイトはハンドルが短いし支える竿に近いので力がかけやすいという私見

61名無し三平2017-09-30 16:31:15

>>59と>>60

主な要因はこの2つと思う

66名無し三平2017-09-30 21:40:51

>>62

そういう主観を物理的な説明に繋げるのが目標なわけで。「ベイトの巻きが強い」もそのままでは主観だが、物理的に本当かなと。

>>60

うん。ただそれだけが巻きが強いという表現の本態でいいのかな、と。でかい魚をゴリ巻きで寄せるときに本当に差があるのかな。

>>63

力が蓄えられるは回転のエネルギーだから納得。逆に「力が逃げる」の意味がわからない。逃げた力が摩擦になるなら熱や異音として出てくるはずだが、どっか熱くなる?あるいは他のエネルギーとして逃げる?

>>64

元スレの方(ついでに過去のフィネススプールの話も)は俺だよ。全うな話として細長く議論できたら楽しいと思う。



68名無し三平2017-09-30 21:47:12

>>66

「力が逃げる」主に運動エネルギーが摩擦により熱エネルギーに変って逃げる、振動や音も運動エネルギーの逃げになる

70名無し三平2017-09-30 21:58:04

>>66

回転のエネルギーとして語るか、そうか…

エネルギーで語るのか力で語るのかどちらかに絞った方がいいよ

理解を両輪で進めるのは良いことだけどね

71名無し三平2017-10-01 00:30:31

>>70

俺も思った。両方がごっちゃになってると議論がかみ合わなくなることも出て来るはず。

あと基準も。ベイトフィネスと6000番比べて力どうこうってのは大げさにしても、ベイトとスピニング比較って何を基準に?ギア比+巻き取り量?

72名無し三平2017-10-01 01:27:44

>>68

そういうリールがあるとすれば大物をゴリ巻きであげたとき熱くて触れない場所がドラグ以外にできるはず。

エネルギーを音や振動にするなら非常識な程度まで目立つはず。と思うんだが

>>69

なるほど。差はあるにしても程度問題ということか。熱エネルギーとして体感できるほどの差がないとすれば、ベイトのスピニングに対する優位性もその程度の差ということか。ワットなりジュールなりで数字が出れば楽しいだろうに。

>>70

何故?E=I/2*(ω^2)で相互変換可能なのに。

今までの議論だとローターは重くて半径が大きいから慣性モーメントが大きく、巻き始めが重いのが「巻きが弱い」理由で、その「重さ」はローターに蓄えられる分の運動エネルギーだよね。

>>71

ベイトフィネスの相手は2000くらいかな。このスレの議論だとスピニングで巻けないのがベイトならゴリゴリ巻けるあたり、例えばZやRYOGAの2020あたりなのかなあと思っているが、相手は4000-6000あたりになるのかな?

(ごめんスピニングはシマノ少々しか持ってないので適当)



75名無し三平2017-10-01 07:07:02

>>72

力を語るならエネルギーじゃなくて回転系の運動方程式で語りなよ、って事だよ

E=I/2 ω^2 のどこにも力が出てきてないだろうが

センスの問題だよ

7712017-10-01 18:42:35

だれかベイトとスピニングをつなげて綱引きしてみて〜

78名無し三平2017-10-02 01:04:17

なんとなく物理っぽい流れに成ってるな

先週のTHEフィッシング

hhttp://www.tv-osaka.co.jp/ip4/the_fishing/lineup2/1249716_8570.html

を録画していたんで見直したんだけど、ベイトとスピニングでハマチを釣っていたけれど

ベイトならロッドはまったく動かさずにゴリ巻き、スピニングだと完全にポンピング巻きしていた

あの巻取りの差が、ロッドとハンドルの距離によるロスとか回転部分の慣性モーメントの差とは思えないんだけどなぁ

明らかにベイトのほうがパワフルだった

81名無し三平2017-10-02 17:56:52

>>78

タックル構成わかる?

糸の巻き取り長が同じくらいなら確かにベイトとスピニングの違いかもしれん。

84名無し三平2017-10-02 19:03:48

>>81

タックルのスペックはリンク先に有るよ

リールスペック的にはスピニングの方が巻き取り量は多いんだが、清水氏がハマチを釣り上げているときのハンドルが

ハンドル長の短いWハンを使ってるんだよね、アレでゴリ巻きでハマチが浮いてくるなんてパワー有るなぁと思ったんで。

自分も最近ライトショアジギングでハマチを釣ってるので余計にそう感じたよ

86名無し三平2017-10-02 19:08:04

>>84

ありがとう。後で見てみる。



95名無し三平2017-10-02 20:32:55

見てて思うんだけど馬鹿ばっかだな。動力を発生させんのがエンジンなんだよ。

言っとくけど俺溶接と整備士資格持ってるからな?

クルマのエンジンはガソリン喰ってピストンを押し下げるんだよ

まあクランクが回転運動に変えるんだけどな?

で、人間は飯食って、腕動かして、その時点で回転運動なんだよ。

だから胃袋と人体自体が、そもそもフューエルタンクとエンジンな訳よ?

馬鹿でも天才でも誰が何と言おうが事実は↑だよな?

で、リールはトランスミッションだろうが。ボケ。

まあ簡単に言うと、俺がHEMIエンジンの8000ccに、オンボロトランスミッションってこった。

で、お前らが360ccのヒュンダイエンジンに、超最高級のレーサートランスミッションってこった。

で、どっちが勝つ? 答えは一目瞭然だよな?

ちったあうまいもんでも食ってジムでも行って腕鍛えろよ。



98名無し三平2017-10-02 20:40:15

>>95

面白いが、ヒュンダイに旧々軽規格は無理があると思う。

97名無し三平2017-10-02 20:38:38

スピニングのローターは糸にかかる力の方向を変えているだけ、実際糸の力(トルク)を受けるのはスプール外周

ローターを回しスプールに糸を巻くのとローターを固定しスプールを回して糸を巻くのと仕事量は変らない、

なので中心からラインローラーまでの距離は無関係

99名無し三平2017-10-02 20:49:12

>>97

仕事量で語るからおかしいことになんだよ

もしスピニングのスプール自体が回るなら仕事量は同じだがトルクは上がる角速度?は下がる

よって巻き上げ力(トルク)はあがる

で決着やん

100名無し三平2017-10-02 21:02:43

>>99

トルクもラインローラーまでの距離の変化で変らないよ、

103名無し三平2017-10-02 21:03:12

>>99

ん?観測者の位置が変わるだけで他はなにも変わってないよ。

ローターの角速度がスプールに移るだけ、ローターのトルクがスプールに移るだけ。なので巻き上げ力も同じ。

というかある物事をどこから見るかだけなので物事そのものは変わらない、

117名無し三平2017-10-02 22:15:16

>>112

F3=F4はどっから来た?

>>113

混乱してきた。。。また考えるわ。。。

俺もベイトのほうが巻くの楽ってのは実感してるよ。

それを説明したい。

123名無し三平2017-10-02 22:59:37

>>118

そこなんですよ。改めて自分の考えを整理してみた。

(「巻くのが楽」=)「巻き上げパワーがある」=「全て巻くのに必要な総エネルギーが小さい」

ってことが前提みたいになっているが、実は最後の=がそもそも怪しくなってきたと思ってる。

摩擦を無視して(ギア効率とかその辺の話は沢山あるのは承知の上で無視)、

ハンドルを回すことにより、スプールが回転して糸を巻き取るという単純なモデルで考えた場合、

ある力のかかったラインをある量巻き上げるのに必要な仕事は同じだ(エネルギー保存)。

ということは、巻き上げパワーがあると感じるのは、

巻く時の力が小さいからではないか、というのが今日書いた僕の考え。

実際、巻く時の力(物理用語での力)は、スプール径もハンドル長も関係ある。

一応、その量も>>102で示した。

ベイトのほうが巻くのが楽やら、ベイトのほうが巻き上げパワーがあると表現される、

その数多の理由のうちの1つとしての御提案。

119名無し三平2017-10-02 22:24:05

確かにそうだわ間違ってた

じゃあさ

例えばギア比が1:2のリールクラッチオフ

ハンドル円周10cmスプール円周10cmローター円周20cm

魚が10cm糸出せばローターは0.5周する

その場合ハンドルは0.25回転

ローター円周が10cmの場合だとローター1回転してハンドル0.5回転

これでいいのけ?頭疲れてきた

俺の言いたいこと伝わるけ?

121名無し三平2017-10-02 22:33:08

>>119

スプール円周が基準。

ローターが20cm移動しても糸は20cm出ない。

スプール外して軸に糸を縛って巻いてみたらもう少しわかりやすいかも。

122名無し三平2017-10-02 22:43:23

>>121

た し か に

だが俺のローター論は間違ってる気がしねえ

誰か説明してくれ

シマノの社員とか見てねえのかよ

125名無し三平2017-10-02 23:51:01

>>123

> ある力のかかったラインをある量巻き上げるのに必要な仕事は同じだ(エネルギー保存)。

うん。これは物理的な前提。なのに

> 巻く時の力が小さいからではないか、

なのはローギアード(若しくはロングハンドル)ならわかる。

同じ仕事を小さな力でするなら長い距離が必要になるから。

> 一応、その量も>>102で示した。

もう一度>>112>>120に書いたことを確認しておくけど、r1F1=r2F2が成り立つのは共通の回転軸に対してだよ。

スプールとハンドルの軸が共通のフライリールなら成り立つけど、普通のベイトリールはハンドルシャフトとスプール軸にかかるトルクが違うので成立しない(ギア比1なら結果として成立はする)。

なのでここは間違っているし実感とも異なる。



127名無し三平2017-10-02 23:56:35

計算し直したよ。

P = ギア比 * スプール半径 / ハンドル半径

リール 巻取り量 ギア比 スプール径 スプール半径 ハンドル長 P

アンタレスDC HG 86 7.4 37 18.5 42 3.26

アンタレスDC 65 5.6 37 18.5 42 2.47

メタニウムDC 66 6.2 34 17 42 2.51

メタニウムDC HG 79 7.4 34 17 42 3.00

メタニウムDC XG 91 8.5 34 17 48 3.01

カルカッタコンクエストHG 68 6.8 32 16 42 2.59

ステラ2500HGS 88 6 46.5 23.25 55 2.54

ステラ2500 77 5.3 46.5 23.25 50 2.46

ステラ2500S 77 5.3 46.5 23.25 50 2.46

セルテート 2004 64 4.8 42.5 21.2 45 2.26

セルテート 2506 72 4.8 47.8 23.9 50 2.29

こうするとさ、むしろベイトのほうが力が必要なんだけど!

どっか間違ってる?

129名無し三平2017-10-03 00:52:54

>>127

試算しているリールの価格が高すぎ、実機によるテストの必要が出たときに協力者が現れるか?

もっと普及価格帯の皆が持ってそうなリールで試算しよう

135名無し三平2017-10-03 07:48:03

>>134

>>133での説明が理解できないのかな、ローター理論をまだ続けるつもり?

ローターの有り無し半径の大小、ハンドル一回転の巻き取り量が変化せず巻き取る力だけが変るというのなら…

逆のことを突き詰めてゆくとハンドルに力を加えなくともリールが巻けてしまう永久機関リールが完成するぞ(w

136名無し三平2017-10-03 08:24:59

>>135

結論までが訂正的な議論しかしてないから言ってるのさ

およそ物理()と名前がついてる割に小学生の議論になってるよ

139名無し三平2017-10-03 10:10:19

>>138

その式が一番損失を無視してるからなあ

146名無し三平2017-10-03 10:41:16

>>138

前提はそれでいいし、損失を定量化できればいいんだが、今時の機械にそんなに目だつ損失かあるとは思えない。

機械での損失の差なら例えばステラとエアノスでどのくらい違うんだろうね。このくらいなら誰か測れないかな?

141名無し三平2017-10-03 10:16:44

>>139

そうだよ皆が損失を無視して語ってるからこの式を書いた、実際には損失がありそれが何かを考えるのが本筋

148名無し三平2017-10-03 10:45:49

>>141

本当に損失かな?

やっぱりスピニングは形の違いで巻きにくいだけなんじゃないかと少し思い始めているんだが。

144名無し三平2017-10-03 10:25:34

たとえばスピニングでドラグをズルズルにすればいくらローターが回ろうと引っ張る力は生まれない、なので明くまでラインを巻く力の元はスプール

145名無し三平2017-10-03 10:41:10

>>144

つまり、ドラグが出ているときは、引っ張る力=ラインローラーを介して魚にかかる力は無いと?

147名無し三平2017-10-03 10:44:00

>>144>>145

そこは言葉の綾だよな。

テンションはかかっていても糸が巻けないなら仕事はしていない。

解ってて挙げ足を取ってるなら邪魔したな。続けてくれ。

150名無し三平2017-10-03 10:58:03

>>145

実釣りでドラグが出ているときはハンドルを巻いても魚を寄せる仕事はしていない、魚が引く力と、そのときハンドルに力を入れて回しているなら、そのエネルギーはドラグプレートの摩擦により発生する熱になって逃げる

149名無し三平2017-10-03 10:52:27

>>146

ベイトとスピニングの比較だからね、スピニングにしかない損失>>20

最初から書いてある、ギアの損失の説明もその辺に書いた、シャフトとピニオンの摩擦損失は舐めちゃいけない

ピストン運動をしながらその回りをピニオンが回っているのに基本的にはメタル軸受けなんだぜ

151名無し三平2017-10-03 11:07:05

>>147

ローターは回っているけど、ドラグが出ているときはローターの運動方向にローターに力は掛かっていないかな?

ローターとラインの間の力が直角なら、仕事はしてないことにはなる、がね

175名無し三平2017-10-12 07:59:25

話題が落ち着いてるようなので別の疑問を。前の話を止めるわけではないけど。

ベイトフィネスのスプールってわざわざ小径にしてるのに浅溝にしてるよね。

計算だけだと深溝の方がモーメントは小さくなるのにわざわざ芯を太くしてるのはどうして?

普通のスプールに下巻きしたらフィネスリール相当になる?

176名無し三平2017-10-12 08:02:21

>>175

下巻きした糸の分だけ慣性が増えるから同じにはならないだろ

太くしてブランキングした方が慣性モーメントが小さくなるので飛距離が出やすい

177名無し三平2017-10-12 08:06:25

>>176

> 下巻きした糸の分だけ慣性が増えるから同じにはならないだろ

割とやってる人がいるけど意義はなんなんだろうと。PE太糸使って重さの影響少なければいいのかな?他の理由あるのかな?

> 太くしてブランキングした方が慣性モーメントが小さくなるので飛距離が出やすい

ブランキングはわかるが、ならスプールエッジ抜いた方がいいよね。

太くした方がモーメント小さくなるのはわからん。

178名無し三平2017-10-12 08:23:39

>>177

スプールエッジ抜いて使い物になるならねw

187名無し三平2017-10-14 08:34:18

物理って言いながらフィーリングだけで語ってりゃあ世話ないね

188名無し三平2017-10-14 08:44:36

そろそろロッドのトルクの話に移らない?

189名無し三平2017-10-14 08:59:35

>>188

ロッドが回転するってどういう状況?

199名無し三平2017-10-19 06:58:05

曲がりながらも余力を感じさせる粘り感

むしろ曲がってこそ手の中でドッシリと座り込むフィーリング

これこそトルク感

引っ張り上げる力だけではダメだよね

200名無し三平2017-10-19 08:42:53

フィーリング()

◯◯感()

バカかよ

203名無し三平2017-10-19 12:41:53

>>200

自分は理屈で説明出来ないものに対して断定的な言い方をするほど不用心な人間じゃないんでね

じゃあロッドにおける「トルク」と言われる物の正体について説明してもらおうか

頼むから「ろっどがねじれてもどろうとするちからだー」とかトロ臭いこと言ってシラけさせんでくれよ?

202名無し三平2017-10-19 09:08:27

考察も何もスレ前半で出尽くしてる話じゃねーか

元スレだったかも知れんけど

209名無し三平2017-10-19 13:54:40

>>202

お、その議論は認めるんだ。

定量化してるのは目新しいし、考察としてまとまってるから貼った。

このひともスピニングのローターの議論は迷ったみたいだね。

210名無し三平2017-10-19 14:41:51

>>209

そこ以外はどこだよw

ドラグ出てる時はローター動かないと考えてもいいし

単純化出来るからね

214名無し三平2017-10-29 12:17:07

キャストの際に、ガイドとロッドにオフセットができるとロッドに回転のトルクが生じて、キャストに悪影響が出そうということか。

ベイトなんか最初から横向きでなげてるけどね。スパイラル某はその辺の効能もうたってるのかな?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする