【研究】どんなときでも身体をメスにしたがる細胞〜この特質によって身体はメスになる〜

1ガーディス ★2018-04-05 12:26:50

名古屋大学大学院理学研究科の 田中 実 教授、西村 俊哉 助教の研究グループは、国立遺伝学研究所の 酒井 則良 准教授のグループ及び University of Massachusetts Boston の Kellee Siegfried 博士との共同研究により、身体をメスにしたがる特質の細胞がいることを、メダカ注 1 を利用した実験において見出しました。

哺乳類もメダカも Y 染色体を持っていると身体はオスになります。ところが、「生殖細胞注 2」は身体が Y 染色体を持っていようがいまいが、もともと、身体をメスにしたがる働きを持っているだけでなく、この特質がないとメダカはメスにはなれないこともわかりました。「生殖細胞」は精子と卵(配偶子)の元となる細胞、すなわち、子孫を作り出すのに必須の細胞なのです。生殖細胞は、精子と卵のどちらにもなれる能力を持っています。興味深いことに、このメスにさせる特質は、生殖細胞が精子もしくは卵のどちらになるのかが決まる前の状態から発揮され、また「精子になる」と決まった生殖細胞にもこの特質があることがわかりました。

身体をメスにしたがる細胞の特質がわかったことにより、今後、身体の性が決まる

仕組みの理解が一層深まると期待されます。

【成果の意義】

メダカがメスになるためには、もともと身体をメスにするという生殖細胞の持っている特質の結果であることが明らかになりました。卵巣と精巣は同じ組織からできてきます。この共通の組織から、メスにおいて卵巣ができる過程、あるいはオスにおいて精巣ができる過程を比較してみると、メスでは卵巣が形成された直後に生殖細胞の数が増加して卵を作り始めるのに対し、オスでは精子を作り出す前に生殖細胞の増加が停止してしまいます。しかし、なぜ卵巣と精巣の生殖細胞でこのような違いが生じるのか、その意義はわかっていません。

本研究で明らかとなった生殖細胞の「身体のメス化」という特質に着目すると、メスにおいては、生殖細胞の数を増やすことで、身体のメス化を促進している可能性が、また、一方のオスにおいては、身体のオス化が完了するまでの間、生殖細胞の増殖を抑えることで、メスになるのを防いでいることが考えられます。

なお、最近の研究の動向から、動物は、本来、性が転換できる能力を持っていると考えられるようになってきましたが、どのような仕組みで性が転換するのかは全く不明です。生殖細胞の「身体のメス化」という特質が生殖細胞本来の特質であることから、オスでこの特質が発揮されることによって、メスへと性転換することが考えられます。このように生殖細胞の「身体のメス化」という新たな特質の発見により、動物の性が決まる仕組みの理解が一層深まると期待されます。

全文はこちら

hhttps://research-er.jp/articles/view/69356

hhttp://research-er.jp/img/article/20180330/20180330105549.png

25名無しさん@1周年2018-04-05 12:41:20

>>1

どんな細胞やねんwww

55名無しさん@1周年2018-04-05 13:28:54



>>1

やべーな。ちょっと油断するとおっぱい膨らんじゃうんだな。

67名無しさん@1周年2018-04-05 14:04:45

>>1

これが新発見なの?

105名無しさん@1周年2018-04-08 04:28:04

>>1

どんなときも〜どんなときも〜

マッキーはホモだしな

2名無しさん@1周年2018-04-05 12:27:41

ホリエモンだな?

82名無しさん@1周年2018-04-05 15:34:27

>>2

ホラレモンに進化したんじゃなかったっけ?

8名無しさん@1周年2018-04-05 12:28:41

オカマの原因細胞か

10名無しさん@1周年2018-04-05 12:34:58

MSKI細胞

12名無しさん@1周年2018-04-05 12:35:34

ほらレモン!俺のケツにぶちこんでくれよ!?

と匿名希望の金持ちが



24名無しさん@1周年2018-04-05 12:41:17

遂にふたなりの実用化に光明が

28名無しさん@1周年2018-04-05 12:43:54

>>24

メダカの話だぞ

26名無しさん@1周年2018-04-05 12:43:02

>>25

お前が母になるんだよ 細胞

27名無しさん@1周年2018-04-05 12:43:16

>>25

お前がママになるんだよ!細胞

52名無しさん@1周年2018-04-05 13:26:32

>>27

(;´Д`)ハァハァ

33名無しさん@1周年2018-04-05 12:50:58

>>28

師匠フタナリなん?

81名無しさん@1周年2018-04-05 15:33:03

>>28

じゃあ人間でも出来るやんけ!

34名無しさん@1周年2018-04-05 12:51:30

当時は若くお金が必要でした

53名無しさん@1周年2018-04-05 13:27:11

今でも女性ホルモンで乳房などの細胞の成長を促進することができるけど

基は男女を変化させることが可能なセットで遺伝子はその成長の促進を促したり阻害するタンパク質を偏って作ろうとする指令図だろ

複雑にならず入れ替わりできればある程度経ったあとに♂にも♀にもなれる

人間くらい複雑に生殖器の形が変わっちゃうと無理なんちゃう

78名無しさん@1周年2018-04-05 15:24:14

>>53

胎生と卵生の差かー

人間でも万能細胞から精子や卵子の作成して

体外受精からの代理母出産なら卵生生物と変わらないのかな

69名無しさん@1周年2018-04-05 14:22:59

人間は薬や機械を使って性別を変えられるようになるかもしれないけど

既に自然に機を見出したり利用して自己の性別を変える生物はいるようだからどちらが優秀か分からんな

人間のしていることもほかの生物からしたら不思議で器具などがないと出来ない効率の悪いことかもしれないし

77名無しさん@1周年2018-04-05 15:20:57

>>69

身近な生物では牡蠣が性転換するよね

環境に応じて毎年変わるんだっけ?

71名無しさん@1周年2018-04-05 14:47:52

よく考えたら優秀じゃないオスって必要ないもんな。

大量のメスと一部の優秀なオスが入れば繁殖できる。

118名無しさん@1周年2018-04-08 15:36:37

>>71

つ 女王アリ 女王バチ

73名無しさん@1周年2018-04-05 15:14:54

あらいやだわー



74名無しさん@1周年2018-04-05 15:15:39

本気で女に生まれたかったわ

男つらすぎ

114名無しさん@1周年2018-04-08 14:45:27

>>74

女は人生イージーモードだからな、ちなみに男はベリーハード。

102名無しさん@1周年2018-04-07 13:58:37

女が基本形態で、それに拡張機能を搭載したのが男だからな。

107名無しさん@1周年2018-04-08 04:34:05

>>102

拡張機能つくと、部分的に惰弱になったり

エラーが発生しやすくなるという問題もあるんだよな・・・・

110名無しさん@1周年2018-04-08 06:05:19

>>107

それがまさに、男の方が遺伝病が多いという問題そのものだろ。

まさにそのとおりなんだよ。男の方がそういう犠牲を払って拡張機能を搭載しているわけ。

だから本質的に女は遺伝子レベルで男と同じ機能は果たせないのだよ。

111名無しさん@1周年2018-04-08 13:34:28

嫌逆だろ、女が単体増殖しないようにする為に

リスクを犯して拡張したコピーが男であって

魚とか動物にも雌の中から環境が劣化した時だけ雄が出て来る種もいる

要するに雌が環境に応じて雄化してるのが男で

犠牲を払ってるのは雄になった時点で雌の方なんだよね

つまり全ての種は本質的に雌で有るという事

120名無しさん@1周年2018-04-08 19:46:22

>>111

>犠牲を払ってるのは雄になった時点で雌の方なんだよね

ここは意味不明だな。

変化してないメスは全然リスクを負ってないだろ。

リスクを負った代わりに優れた機能を持ったのがオス。

メスだけでは何も進歩できない。

117名無しさん@1周年2018-04-08 15:10:10

>>114

女の人は今の日本じゃ基本的にイージーだけど、

どの国、いつの時代に生まれるかで全然違うからなあ。

121名無しさん@1周年2018-04-08 19:50:04

>>117

女への扱いは社会によって違うが

驚くべきことに、「リスクを負う代わりに見返りを得るのが男」というのは、どこの社会でも変わらないな。

女は本質的にノーリスクローリターン、男は本質的にハイリスクハイリターン。これどこの社会でも同じ。

社会によって違うのは、女を甘やかしている社会では

「男がリスクと引き換えに得たリターンが自動的に女のものになる」ということだ。

日本の夫婦において、男が命を削って得た給料が自動的に女のものになるようにな。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする