【生物/進化】ホヤが細菌から獲得した遺伝子で身を守れるようになったわけ 遺伝子の水平伝搬による生物進化に関する新説の提唱/筑波大等

1白夜φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net2016-12-23 17:34:22

ホヤが細菌から獲得した遺伝子で身を守れるようになったわけ〜遺伝子の水平伝搬による生物進化に関する新説の提唱

筑波大学生命環境系の笹倉靖徳教授の研究グループは、東京大学の中井謙太教授、首都大学東京の西駕秀俊教授、広島大学の山本卓教授、高知大学の藤原滋樹教授の研究グループと共同で、ホヤのセルロース合成酵素が表皮で特異的に発現するようになった進化プロセスについての新説を提唱しました。

ホヤは、セルロースを合成して体を覆い、敵から身を守っています。

ホヤのセルロース合成酵素遺伝子は、放線菌と呼ばれるグループの細菌から水平伝搬により獲得されたとされています。

しかしながら、他の生物から取り込んだ遺伝子は通常は発現せず、働くことができません。

細菌の遺伝子がホヤの祖先に取り込まれた後に発現するようになった仕組みについてはこれまで分かっていませんでした。

本研究では、現生のホヤの1種カタユウレイボヤにおいて、セルロース合成酵素遺伝子が発現する仕組みを解明しました。

セルロース合成酵素遺伝子は表皮で発現します。

この表皮での発現が、AP-2という転写因子により制御されていることが分かりました。

AP-2は脊椎動物にもある、表皮の形成に重要な転写因子です。

またAP-2は、塩基グアニン(G)とシトシン(C)に富んだDNAに結合して遺伝子発現を活性化しますが、放線菌もまた、GCに富んだゲノム配列を持つことが知られています。

つまり、セルロース合成酵素遺伝子が放線菌からホヤの祖先に移動したとき、その塩基配列がGCに富んでいたためにAP-2との結合が可能となり、表皮で発現するように進化したと推測されます。

▽引用元:筑波大学 2016/12/21

9名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-23 18:24:58

>>2

どんどん広がって詳しくなっとるがな。>>1 もその一部。

2名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-23 17:52:53



進化論の立場は?

13名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-23 18:40:51

>>2

微視的進化要因が突然変異だけだなんていう

アタマがっちがちのダーウィニストなんか

今日日生き残ってるのか

39名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-24 08:53:40

>>2

宇宙人のウンコです。

7名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-23 18:17:10

ユウレイボヤって、コケかキノコにしか見えないやつだろ

10名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-23 18:26:56

>>7-8

しかし動物だという

11名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-23 18:30:00

ホヤのあの硬い外殻はセルロースだったのね\(^o^)/

60名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-27 13:21:40

>>13

微視的な変化に限定されてたんか?

一番多いベースの進化パターンとしては未だ間違ってないだろうし。

15名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-23 18:45:08

遺伝子の水平伝搬

前の男の精子の遺伝的影響が次の男との子供に出る

17名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-23 19:07:54

>>15

違うと思うよ。

16名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-23 18:48:09

こういうの見ると日本の大学も欧米のようにプレスリリースを書く専門のサイエンスライターを雇うべきだと思うな

18名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-23 19:18:52

>>16

雇って大学法人が儲かるならいいけど

19名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-23 19:36:28

>>18

情報を広く知ってもらえれば

共同研究とかだったり企業にバックアップしてもらいやすくなるんでないの

24名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-23 23:14:37

ホヤ苦い

25名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-24 00:46:35

遺伝子の水平伝搬ってのはつまり、インフルエンザとか

にかかってしうまった際、よそから来た遺伝子が患者の体に取り込まれる

つう理解であってる?

45名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-24 20:01:16

>>25

親が直接遺伝子を獲得してるんじゃなくて

感染した親の生殖細胞が遺伝子を獲得して、そこから変異した子が産まれてるだけでしょ

30名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-24 06:42:15

獲得形質は遺伝しない というセントラルドグマはどうなるんだ?

38名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-24 08:41:12

>>30

獲得形質じゃないから

32名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-24 07:32:27

もし本当に獲得形質が遺伝するなら進化論は根本から見直しだな

41名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-24 10:39:51

オメェ生ホヤもうめえんだぞ〜

50名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-25 22:45:15

>>45

そうかい。感染した親が子をプリッと生むってのが必要なんだな。

あんがとさん。

46名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-25 07:47:21

何で水平っていうかというと….

人間の家計図を考えるんだ(生物学のある分野では系統図という)。

図で親が上、子が下になるように書くと、普通の遺伝子(親→子)は縦方向つまり垂直に伝わるように見える。

一方親から子以外の普通でない遺伝子の伝搬は横方向つまり水平方向に見えるから水平伝搬。

古い例(1920あたり)だとオズワルドエーブリーが発見した現象がある(形質転換と呼ばれる現象の一例)。

肺炎の原因になるある細菌には病原性があるもの(S型)とないもの(R型)がある。

エーブリーは熱殺菌したS型(死んでるから病原性は消えている)を生きているR型にくわえると、あら不思議、病原性があるS型の細菌が発生することを発見した。

つまり遺伝情報をつたえるのは(死んだS型に含まれてた)なんらかの物質でそれがR型細菌にわたってさらにその形質が発現したということ。

ちなみに遺伝情報をつたえる物質がDNAであることがわかるのは20年ぐらいあと。

またダーウィンは水平伝搬なんてしらなかっただろうから、ダーウィンが作ったものという意味の進化論にとっては想定外だろう。



47名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-25 07:52:07

>>46

ごめんなさい大間違い

オズワルドエーブリーじゃなくてフレデリックグリフィスです。

(エーブリーは20年後に遺伝物質がDNAであることを発見した人)



53名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-26 12:48:56

水平伝播も広い意味で遺伝的変異と言っていいんじゃないか?

あくまでも伝播した遺伝子が生殖細胞の遺伝子に変更を加えるという条件付きで

生殖細胞の遺伝子が変われば原因はコピーミスだろうが紫外線だろうが

化学物質だろうがウィルスだろうが、なんだってかまわんのだから

57名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-26 23:27:15

食べて得る毒素だから解毒とか関係ないんじゃないの?

62名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-27 22:57:02

>>57

いや自分自身がフグ毒にあたって死んじゃったらフグの名折れで末代まで馬鹿にされるわという話だろ。

65名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-28 15:42:42

>>62

そうだった

フグ毒は食べて当たる毒だった

完全に忘れてたは

なんでもないです

64名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-28 01:54:10

植物に擬態する虫や眼の誕生など普通の突然変異ではあまりに信じがたい特殊な進化にもこの機構が何割か関わってるのかな

67名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-29 12:27:47

>>64

眼については植物からの水平伝播じゃないか?ってNHKスペシャルで取り上げてた

Nスペは仮説の域に出ないものも平気で取り上げるからアレだが

68名無しのひみつ@無断転載は禁止2016-12-30 01:41:51

>>67

一応科学の常識だってすべて仮説なんですが