【殺人交叉点】フランスのミステリ【ウサギ料理】

1名無しのオプ2013-12-04 03:39:50

洒落た雰囲気、毒の強いユーモア、巧妙な心理サスペンス、何ともいえない奇抜なトリックetc…

独特の魅力を放つフランス産ミステリについて語りましょう

13名無しのオプ2013-12-13 15:20:15

ルールタビーユの3作目は邦訳されないんだろうか

16名無しのオプ2013-12-18 02:14:21



>>13 4作目までこれで読めるけど、

定本久生十蘭全集 11/久生 十蘭(小説)の作品一覧ページです。最新情報・本の購入(ダウンロード)はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。

完訳を読むのは、ちょっと勘弁、って感じ。

27名無しのオプ2014-03-23 19:48:20

最近の夏はアルテが来ない…

どうなってるの早川さん

28名無しのオプ2014-04-05 18:16:31

スミスの本棚で取り上げられたことにより書店で大量平積み中

リレー形式でゲストがお薦めの一冊を紹介するコーナー

>>27

訳者の人かなり忙しいみたいだからなあ・・・去年はティリエと絵本とオペラ座の怪人出したし

今度はハヤカワSFだし。隠し玉にもアルテ書いてなかったしもう刊行しないのかも。

35名無しのオプ2014-10-18 23:38:04

amazonと東京創元社公式見たけど、ウサギ料理は品切れっぽいね

36名無しのオプ2014-10-19 16:15:10

>>35

20年以上前に読んで面白かった記憶があったので復刊後すぐ

購入して再読したけど、正直あまり面白くなかった>ウサギ料理。

37名無しのオプ2014-10-20 16:51:13

ブックオフに早川のフランスミステリ傑作選2冊があったけど、おもろい?

ステーマンもボアナルももっと復刊して欲しいんだけどなぁ

38名無しのオプ2014-11-28 21:31:21

ピエール・ルメートルの『その女アレックス』かなり評判良いし、読んでみるかな

39名無しのオプ2014-11-29 09:57:29

>>38

第一章ラストでビックリした。

第二章ラストでビックリした。

第三章ラストでビックリした。最後のセリフに妙な感動を覚えた。

アマゾンのレビューでネタばらしてるバカがいるから気をつけて

42名無しのオプ2014-12-15 00:06:03

>>38

定価分は楽しめる

ハリウッドの上手なサスペンス映画って感じ

映像的なので読みやすいし、わかりやすいので振り替えって読み返す必要は全く無かった

作者の別作品に手を出そうとは思わない

43名無しのオプ2015-01-11 12:51:26

【大型新連載開始!】第0回 はじめに(執筆者・瀬名秀明)

新たな作家攻略シリーズの開幕です。 作家はジョルジュ・シムノン(1903〜1989)。フランス・ミステリの代表的な作家のひとりです。当サイト編集人・杉江松恋は『読み出したら止まらない! 海外ミステリーマストリード100』でこう書きました。 シムノンは彼自身がひとつのジャンルであるというべき作家である。二百を超える著作を...

第1回『怪盗レトン』(執筆者・瀬名秀明)

Pietr-le-Letton, Fayard, 1931 [原題:ラトヴィアのピエトル] 『怪盗レトン』木村庄三郎訳、創元推理文庫191、1960 * 『怪盗レトン』稲葉明雄訳、角川文庫503-4、1978 『怪盗レトン』木村庄三郎訳、旺文社文庫610-4、1978(創元推理文庫版と翻訳はほぼ同じ。運転士→航海士など...

瀬名秀明の連載でシムノンの作家攻略が始まってるけど、これ凄く面白い。

自分は数作しか手を付けていないが、他の作品も読みたくなった

45名無しのオプ2015-01-25 08:56:38

>>43 こいつぁ、スゴい!

46名無しのオプ2015-02-11 21:44:28

昔は土曜ワイドや火曜サスペンスでカトリーヌ・アルレーとかボワロ&ナルスジャックをドラマ化していた

天下のNHKでさえ銀河テレビ小説でアルレーとかミシェル・ルブランを取り上げていた

ちょっとマイナーな作家でもアンドレ・ポール・デュシャトーの「五時から七時までの死」とか

ルイ・C・トーマの「共犯の女」といった作品は80年代には日本のテレビドラマで

何回もドラマ化されていたけれど、最近は日本でフランス物のドラマ化があまりなくて寂しい

65名無しのオプ2015-08-03 18:14:12

ジャプリゾは「殺意の夏」がミステリとしては微妙だけど面白かった。

面白かったというより、辛い話だったけど。

ジリジリするような暑い夏によく思い出す。

>>46

そんな時代にドラマを見れて羨ましい。

でも仮に今フランス物ミステリ原作のドラマを作ってもジャニタレやAKBをブチ込んでくるんだろうな。

52名無しのオプ2015-03-01 04:17:09

カサックとシャプリゾを一冊づつ読んだだけのフランスミステリ初心者だけど、

フランスの作家によるオススメのミステリー短編集って何かないですか?

カサックなんて邦訳されてる二作だけで、あれだけ凝った仕掛けを作れる人なんだし、

他にも面白い作品があるだろうから、短編集出してほしいんだよなあ

55名無しのオプ2015-03-03 07:04:28

>>52

短編ならハヤカワ文庫のアンソロジー、

フランス・ミステリ傑作選(1)街中の男  同(2)やさしい女

の二冊が基本って感じで、仏ミステリーの感覚が大体飲み込める

とっくに絶版だから図書館じゃないとたぶん読めないが

53名無しのオプ2015-03-01 04:18:20

ああ、ルパンの短編集も全部読んでます

これでフランスミステリーのトリッキーさの醍醐味を知った



56名無しのオプ2015-03-05 07:37:44

>>55

54じゃないがこういうの早川から出てたのか。情報ありがとう。

(2)は調べたら心やさしい女だった。



61名無しのオプ2015-03-15 08:10:14

>>55 ミニ・ミステリ100みたいに今なら合本して1冊に出来ちゃう厚さだね。

72名無しのオプ2016-03-24 20:04:05

>>55 これなんか(『ミニ・ミステリ100』みたいに)合本して復刊すればいいのに。

58名無しのオプ2015-03-08 01:06:52

>>56

>>37

57名無しのオプ2015-03-07 04:30:19

短編集といえば、本格より異色作家短編に近いかもしれないけど、

モーリス・ルヴェル『夜鳥』とか好きだな。寝る前に一日一篇ずつ読むとちょうどいい

67名無しのオプ2015-08-17 20:38:09

>>65

「殺意の夏」昔々、映画で見た。

70名無しのオプ2016-01-09 01:58:11

>>65

そっちより2サス常連俳優・女優ばっかりになりそう。

68名無しのオプ2016-01-04 19:36:06

「新青年」に載った山野三五郎名義のフランス・コントの集成

79名無しのオプ2017-02-10 12:56:00

ささやかな手記/サンドリーヌ・スコット

これはミステリーと言っていいのか

サスペンスもしくはスリラーともちょっと違う